RSS | ATOM | SEARCH
由良半島ライド
 正月気分も抜けきらないまま三連休となりました。

4日は寒波が到来しましたがそれ以降温かい日が続いています。

穏やかな休日、旧津島町と愛南町にまたがり、宇和海に細長く突き出している

由良半島ライドに出かけました。

津島いやしの里を出発岩松川に沿って南下中、左を振り返ると今日は、

川の中がにぎやかです。



温かい陽気にさそわれて岩松川下流の冬の風物詩、アオサ採りに

大勢で賑わっています。

下灘を過ぎ鳥越隧道を抜けると国道56号より右折県道292号に入り

由良半島をめざします。






半島ライドはリアス式海岸に点在する部落間の県道を縫うように

走ります。したがって、平坦路はほとんどなくアップダウンの連続です。

標高2~3mから一気に100mまで駆け上がったりする箇所もあり心拍も

上がったり下がったりの繰り返しでこたえます。





中間地点の船越運河、由良半島は宇和海に細長く突き出ている為、

航行する船は半島先端の岬を回らねばならず、古くから船の航行に

不便をきたしていました。昭和46年に半島の一番細い部分に運河

が掘られ船越橋が掛けられました。

その橋も最近新しく掛け替えられていました。

ここから半島先端までもうひと走り



目関釣りセンターまでが自転車で行ける最南端、ここで引き返し

船越運河から津島側に廻り半島の北面になり、やはり冬、日陰は

寒いです。

今日の帰りは出発点の津島いやしの里温泉で温まって帰るとします。

サイコン故障につき推定走行距離60

            走行時間 約3時間

author:funagami, category:ロードバイク, 15:39
-, -, - -