RSS | ATOM | SEARCH
四万十周回ライド Aコース
 連休初日、4週間ぶりのロングライドです。

フロントディレイラーの修理、チューブレスタイヤの交換、体調不良等

今回のコースは色々あって久しぶりのライドですか思い切って150善曚

で松野町のおさかな館より国道381号を東に太平洋を目指し国道56を南下

四万十市から四万十川に沿って北上し松野町まで帰ります。

おさかな館を出発、江川崎から四万十川を上流をめざします。

             

                              道の駅 とうわ

      

      

               四万十川上流の沈下橋
      

道の駅とうわ、道の駅大正を過ぎ、ここからは自転車では未走行の道筋です。

4週間ぶりのライドと修理のついでにハンドル、サドル等のホジションを

変えたせいか、足、腰、肩全てに痛みがきてつらいライドてす。

だいぶ走行ペースも落ちながら窪川まで到着ここから56号を南下、須崎より

南は高速道も無い為、56号は高知南西部の幹線道で交通量も増えてきます。

車に気を付けアップダウンの多い道を土佐佐賀まで来ると太平洋が一望でき

四万十市まで沿って走ります。

     

                    佐賀港

     

                  入野の松原

     

              土佐西南大規模公園

途中、入野松原の土佐西南大規模公園内を走行、ここは高校時代、夏休み中

四国一周サイクリングでキャンプし、遊泳中に溺れかけた思い出の場所でした。

四万十市内に入り古津賀の7年前に設計した平和な湯前を通過、ここからは

又、四万十川に沿っていつも走り慣れた道を北上、かわらっこの売店で食糧を

補給と思いきや、連休の午後とあって、全て売り切れ状態、

残り30船魯鵐ーノック状態をスポーツドリンクでごまかしながら、

疲労困憊状態で走行。

    

             夕暮れの岩間の沈下橋

四万十川沿線は道の駅はあっても、コンビニは皆無で食糧補給に注意が必要

です。

やっと辿り着いた、おさかな館も5時を過ぎていて売店は締まっていました。

せめての救いで近くの森の国、ぽっぽ温泉に倒れこむように入湯。

一日走った疲れを流し至福の時です。

メタボローディーとしては、1ヶ月近く走ってないと全く体は元のなまった

状態に戻っていることがよくわかった一日でした。



author:funagami, category:ロードバイク, 19:00
-, -, - -
体調不良
 先週のフロントディレーラーの破損の修理も終え

ついでに6000疏ってきたチューブレスタイヤの交換も行いました。

今までのタイヤはハッチソンのフュージョン3で重量は280グラム、

今度のタイヤはIRC フォーミラープロ ライトで240グラムと世界最軽量です。

          

わずか40グラムの差ですが、走行感はいかがなものか?

2日はタイヤのインプレを確かめるべく3週間ぶりの四万十ライドの予定でしたが

前夜から腹痛が治らず残念ながら又、中止 来週に延期とします。






author:funagami, category:ロードバイク, 12:39
-, -, - -
解体完了
 市内のたかおか小児科の現場ではアスベスト処理で遅れていた解体も

9月末で完了し、今まで既設の建物に隠れていた新設建物が前面に

現れました。

これから外構工事に着手し10月中に完了予定です。

この日は今まで既設建物が障害となっていた外壁仕上げの最終確認で

ジュラクペンアートのサンプルを現場でチェックです。

author:funagami, category:建築, 14:49
-, -, - -
トラブル
 先週は台風15号の影響で南予地方は雨模様で走れませんでした。

今週の連休は最高の天気が続きます。

ルート選定は宇和町~野村~肱川~大洲~長浜~保内~八幡浜~宇和町の

山間部より海岸周りの風光明美な周回コースです。

         

宇和市街を出発、野村を目指し宇和川沿いを順調に30船ーバーで

順調に巡行し、野村ダム付近の登り坂に差し掛かった時、フロントを

インナーにチェンジしたとたん バキッ と 今までに無かった異音が

発生、チェーンが外れ、立ちこけ寸前状態を何とかクリアーし、

フロントディレイラーを見てみると止めバンドが破断し、挟まった時に

フレームを凹ませています。

       


最悪の状況で走行不可能、ここまでまだ15舛靴走っていません。

仕方なく家に電話し迎えに来てもらいます。

その後、修理の為、宇和島の自転車店を数件周りますが、部品が無く

発注は連休明けで今週も全く走れない状態になりました。



author:funagami, category:ロードバイク, 20:56
-, -, - -
篠山ライド
 9月中ごろになっても日中は30℃を越える日は続きます。

この週末も国道の温度表示は9時には30℃を超えていました。

少しでも涼しいルートを探し県境の山間部を走ることにしました。

津島町の「やすらぎの里」まで車で移動し、ロードバイクに乗り換え宿毛市まで南下します。

ここからは未知のルート津島まで50キロの内40キロは登りのタフなコースです。

宿毛湾に注ぐ松田川に沿って上流を目指します。

    

    松田川下流は豊かな水量があります。

    

   中流域の坂本ダム付近

県道4号腺は宇和島市津島町と高知県宿毛市を結ぶ牧歌的なドライブコース

です。途中、ツツジの名所の篠山、松田川渓谷の形勝地も見所です。

         

40キロ続く登りでへばり、津島御槇地区まで来たところて゜前方が開け

やっと登りも終わり残り10キロを津島町内に、いっきに下って行きます。

     

  走行距離 104.5キロ

  走行時間  4時間30分

   AV    23.5km/h
author:funagami, category:ロードバイク, 10:21
-, -, - -
スマートフォンのアプリ
 季節も変わり9月から一足早い衣換えをしました。

とはいっても服装ではなく、携帯電話からスマートフォンに換えてみました。

無数のアプリの中でも実用性の高い「Lan&Walk」

ランニングやウォーキング、自転車のライドにも使えコースや消費カロリー

などを確認できるアプリです。目標を定めることで、その目標に沿った

トレーニングをサポートしてくれる優れものです。



この日は事務所周辺をウォーキング、1時間少しで消費カロリーは302Kcal

体重1キロ落とすのに7000Kcal消費しなければなりません。

いつになったらメタボは解消するのでしょうか?

author:funagami, category:その他, 19:55
-, -, - -
滑床渓谷ライド
 日曜日は台風一過の晴天とはいかず、南予は朝方は雨が残りました。

それでも、少しづつ回復の兆しで路面の乾くのを見計らい松野町の

滑床渓谷に行ってみました。まだ台風の余波で北西の風が時より強く吹いています。


四万十川ライドと同じコースで松野町 虹の森公園を通過し、国道381号より

目黒方面へ県道に入ります。目黒トンネル付近の勾配はきつくインナーでやっと

登り切り、目黒郵便局前での分岐以後は、ぐっと県道は狭くなり、谷側は

ガードレールが無く、山側は山肌か迫る渓谷道になります。

滑床渓谷は四万十川支流の目黒川最上流12舛傍擇岼ι架数の渓谷です。




上高地帝国ホテルのパクリの森の国ホテルもあり、夏から紅葉シーズンは

観光客で賑わいます。



遊歩道を30分ほど登ると雪輪の滝、千畳敷きなどの景勝地もあり、

また、豊かな自然の中に野生の猿や鹿が生息していますが、

猿は観光資源化を狙った安易な餌付けの為、観光客に被害が有るようです。

この日は、観光客も猿も台風の影響で誰もいませんでした。

走行距離 60.9

走行時間 2時間25分






author:funagami, category:ロードバイク, 19:25
-, -, - -
寄り道
通い慣れた今治よりの帰り道、国道317号線より高縄山に寄り道をしてみました。

松山市、今治市、西条市にかけての半島部を高縄半島と言いますが、

北条方面より望む山としては高縄山が半島部では代名詞になっています。

北条方面でのゴルフ場でのプレーでは必ず目にする山でしたが、今まで一度も

訪れたことが有りませんでした。

標高987mの山頂には電波塔とともに高縄大権現が奉られいます。

電波塔横の展望台からは、360°の展望で、石鎚山系や瀬戸内海方向が一望できます。



この日は、台風が四国に近づいているせいで山頂の雲の流れが速いですが、

天気の良い日は瀬戸内海の夕景が最高ではないかと思います。



山頂を少し下った所に河野一族の菩提寺の高縄寺が有り、山門、本堂は

県指定の文化財となっています。

境内には高縄茶屋もあり参拝者をもてなしてくれます。




 
author:funagami, category:その他, 11:12
-, -, - -
アスベスト撤去準備

たかおか小児科の現場では、アスベストの撤去前の準備が完璧に整いました。





除去区画を全て養生フィルムで覆いアスベストの飛散を防止します。

9月に入ったら、早々に関係官庁の立ち入り検査後、撤去に取り掛かります。

author:funagami, category:建築, 10:18
-, -, - -
お盆の足摺ライド
お盆の初日、四国最南端足摺方面を走りました。

自宅より車で約1時間、宿毛市まで移動。

ロードバイクに乗り換え、まず四万十市をめざします。

市街地手前で四万十川に合流し河口下流に沿って南下します。



ここから、サニーロードの起点で土佐清水市、大月町、の太平洋に

沿った南国情緒の快適なドライブコースで
 宿毛市まで周回します。

この日は、雲ひとつないピーカンな天気で朝から33℃を超えています。



このあたりは海水と川の水が混ざりあう汽水域環境でノリの生産や

四万十川に生息するアカメ等、豊かで複雑な生態系が形成されている

場所です。



河口域よりさらに南下し太平洋に面する海水浴のメッカ、大岐の浜に

到着、ここで小休止、この日はお盆と週末が重なって大勢の海水客で

賑わっていました。



土佐清水市を過ぎ竜串海中公園に到着、竜串海岸は波食、風食を受け

て形成され、その奇岩は、大竹小竹、しぼり幕、蛙の千匹連れ、千畳敷き等

の名所があります。



又、海中展望台やグラスボートでは、海中のサンゴ礁や、その周りを泳ぐ

熱帯魚の姿を見学できます。

太平洋を左手にアップダウンのある海岸線を過ぎ、内陸部に入り大月町市街

経由、宿毛に無事帰還。後半は酷暑に見舞われ、かなりのペースダウンでした。

走行距離 105

走行時間 4時間25分

      AV    23.5/h








author:funagami, category:ロードバイク, 10:28
-, -, - -